お米-身近な日本の”食”のお話をもういちど(後)

日本の”お米” のお話 後編です。 . そもそも 今回”お米” のお話を2回に渡って書かせて頂いたのは、いつかは記事にしたいと前々から考えていたこと、理由はふたつ、 ひとつは”お米” が日本人の根幹に関わる大事なものであ

お米-身近な日本の”食”のお話をもういちど(前)

. いつも イナバナ.コム をご訪問頂き有難うございます。 . 何か先日の「20%増量!」記事と同じインフォメーション記事の書き出しになっていますが、今日は日本人の ”食” の中心「お米」について触れてみたいと思います。

せっぺとべ!せっぺとべ!せっぺとべ! - 鹿児島県

  「せっぺとべ」 鹿児島弁で「精一杯跳べ!」という意味だそうです。 「せぃぃっぺぃ! 跳べぃ!」でしょうか・・ . 鹿児島県日置市 八幡神社、吉利鬼丸神社で豊作を祈願する御田植行事「せっぺとべ」が6月2日(日

変わってゆくもの変わらないもの - 福島県

一番上の長男、一番下が三男、間にはさまる次男・・♪ は だんご3兄弟(一部異訳?) NHK「おかあさんといっしょ」発祥の歌でありながら200万枚をはるかに上回る売り上げを記録し、社会現象とまで言われた盛り上がりを見せたの

北海道 蘇るアイヌの文化 PRキャラバン

北海道西部、札幌から車で約1時間程、温泉地で有名な登別からは30分という好立地に白老町(しらおいちょう)があります。閑静な湾岸の地でありポロト湖や倶多楽湖(くったらこ)を有し またポロトコタンの歴史を持つ町としても知られ
,

岩手県 アテルイ 郷土の英雄伝説

現代ではあまり使われなくなった北方の地域や民を指す言葉に「蝦夷・えぞ」という言葉があります。北海道を主とする地域とそこに住まう人々を指した呼称が一般的でしたが、時代が戻り平安の世には「蝦夷・えみし」と呼ばれ 北関東・東北