目で見て肌で感じる昔の暮らしのリアリズム – 大阪府

. 『 暮しの手帖 』 昭和28年(1953年)から現在に至るまで永く愛される生活総合雑誌です。 若い世代の方はともかく、昭和生まれの年齢層には少なくとも一度や二度 目を通されたことのある方も少なくないのではないでしょう

タロ・ジロだけじゃない 南極に渡った猫の話 - 東京都

9月も末となりました、所によっては些か暑い日も残るとはいえ彼岸も過ぎてこれからは秋の気配も色濃くなり、趣味、旅行、食楽 とアクティビティな季節の到来ですね。 趣味と一言に言っても多種多様ですが この秋は少しカルチャーなお

改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(後) – 山形県

経済はそもそも その時代ごとに 基盤となる社会そのものの状況に大きく影響されるので、いつも同様の手法が通用するとは限らないのが難しいところですが、その本質的な目的は国民 / 領民の生活安定と、結果としての国家資本の健全化

改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(前) – 山形県

アベノミクス の言葉が世に広まって早7年、広報においてはバブル景気はおろか いざなぎ景気さえ抜き去り戦後2番目の長期経済成長などと報じられ、政策の効果を謳っていますが、一般国民にその実感があるかというと・・どうでしょうか

令和に昭和な遊園地 喜ぶのは子供だけじゃない? − 福岡県

遊園地とひとくくりに言っても ディズニー関連や大阪のUSJのように莫大な投資と効率的な運営・宣伝などで多くの来園者を獲得する大規模施設から、有名な玩具にコラボレーションしたりレーシングコースに併設した複合型のテーマパーク

お米-身近な日本の”食”のお話をもういちど(後)

日本の”お米” のお話 後編です。 . そもそも 今回”お米” のお話を2回に渡って書かせて頂いたのは、いつかは記事にしたいと前々から考えていたこと、理由はふたつ、 ひとつは”お米” が日本人の根幹に関わる大事なものであ

お米-身近な日本の”食”のお話をもういちど(前)

. いつも イナバナ.コム をご訪問頂き有難うございます。 . 何か先日の「20%増量!」記事と同じインフォメーション記事の書き出しになっていますが、今日は日本人の ”食” の中心「お米」について触れてみたいと思います。

税の今昔? ・・・今も昔も・・今も昔もなお話

10月に消費税増税が予定されていますね・・ 中国経済の減速などの影響も相まって日銀短観の下方修正、内外ともにあまり喜ばしい話も無いためか、ここにきて参院選の都合もありまたまた延期するだのしないだのと議論百出のようですが・