タロ・ジロだけじゃない 南極に渡った猫の話 - 東京都

9月も末となりました、所によっては些か暑い日も残るとはいえ彼岸も過ぎてこれからは秋の気配も色濃くなり、趣味、旅行、食楽 とアクティビティな季節の到来ですね。 趣味と一言に言っても多種多様ですが この秋は少しカルチャーなお

食で旅する奈良の秋「シェフェスタ」開催 - 奈良県

そろそろ お腹が空いてきませんか? うまく出来たもので過ごしやすい気候になって身体を動かす機会が増えると それに見合うだけの食欲も増えてきますよね w 見合うだけなら栄養と消化に即したものを食べていればそれで充分なはずで

憩い親しむ緑 鯖江の町の道の駅 西山公園 - 福井県

道の駅カテゴリーの記事をご案内する時は その道の駅の特徴に目を見張るものがある駅や、他所では経験し難いイベントを体験出来そうな駅を選んでお届けしているのですが、今回 ご紹介する道の駅はそういう意味では少し控えめな印象かも

改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(後) – 山形県

経済はそもそも その時代ごとに 基盤となる社会そのものの状況に大きく影響されるので、いつも同様の手法が通用するとは限らないのが難しいところですが、その本質的な目的は国民 / 領民の生活安定と、結果としての国家資本の健全化

改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(前) – 山形県

アベノミクス の言葉が世に広まって早7年、広報においてはバブル景気はおろか いざなぎ景気さえ抜き去り戦後2番目の長期経済成長などと報じられ、政策の効果を謳っていますが、一般国民にその実感があるかというと・・どうでしょうか

秋の徒然 着物で歩く飛騨の小京都 - 岐阜県

いまだ暑い日が続きますが時折挟むように訪れる曇り模様、そして厄介な台風・・ ここ数年は異常気象の影響なのか、台風の発生時期も進路も以前では考えられないような季節や進路でやってきますので”行楽シーズンの秋” といっても中々

清涼なる安らぎの時 旅情詩人 川瀬巴水展 − 千葉県

”日本画” と言うと少し難しく感じる方もおられるかも知れません。 このようなページにお越し頂いて ご覧になられている方には そうでないかも知れませんが、どうも日本人は”芸術” という言葉に妙な方向に敏感で、得てして”高尚

竹林の精?伸びろ!広げろ!たけのこまん! - 和歌山県

紀伊半島、大阪市内や関西国際空港からのアクセスも良い和歌山市、その東部に位置する「四季の郷公園」は緑豊かな環境に包まれ、総面積25.5ヘクタールという広大な敷地で自然に親しみながら大人から小さな子供までゆったりと過ごせる