真白き食を求めて お米と雑穀のお話(後)− 富山県

「 米の文字を紐解くと八・十・ハの文字から成っている、この数字のごとく八十八回もの手間が掛かって米は作られ 今こうして食卓に上がっている、だから食べるものを粗末に扱ってはなりません、感謝して大切に頂きなさい 」 . 近年

食で旅する奈良の秋「シェフェスタ」開催 - 奈良県

そろそろ お腹が空いてきませんか? うまく出来たもので過ごしやすい気候になって身体を動かす機会が増えると それに見合うだけの食欲も増えてきますよね w 見合うだけなら栄養と消化に即したものを食べていればそれで充分なはずで

お目にかかれないものが見える二つの道と海の駅 - 富山県

わかったような わからないようなタイトルになってますね。スミマセン・・ お伝えしたかったことをストレートに文章にしたらこうなってしまった次第です(汗   今回、富山県でご紹介する道の駅は二つの ” 滅多にお目に

天空に舞う白き騎士 テウチオン !! - 香川県

「 舞台は香川県高松市・・・もとい、うどん県 ネオ・タカマツシティ! 太古の刻より迫り来る『悪霊軍団 死国(しこく)』に立ち向かうべく、茹杉 延(ゆですぎのびる)がうどんの力『手打力エネルギー』で起動する鎧を身にまとい変

鮮魚も運気も競り落とせ!堺大魚夜市 – 大阪府

梅雨もそろそろ幕を迎え いよいよ夏本番も間近、体力を消耗する暑い季節を控え今から体調を整えておかなければなりません。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、実際 体調を崩すのは暑さ寒さの最中よりも、そうなる直前の季

お米-身近な日本の”食”のお話をもういちど(後)

日本の”お米” のお話 後編です。 . そもそも 今回”お米” のお話を2回に渡って書かせて頂いたのは、いつかは記事にしたいと前々から考えていたこと、理由はふたつ、 ひとつは”お米” が日本人の根幹に関わる大事なものであ