改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(後) – 山形県

経済はそもそも その時代ごとに 基盤となる社会そのものの状況に大きく影響されるので、いつも同様の手法が通用するとは限らないのが難しいところですが、その本質的な目的は国民 / 領民の生活安定と、結果としての国家資本の健全化

改革の本位とは何か 上杉鷹山 夢と相克の果てに(前) – 山形県

アベノミクス の言葉が世に広まって早7年、広報においてはバブル景気はおろか いざなぎ景気さえ抜き去り戦後2番目の長期経済成長などと報じられ、政策の効果を謳っていますが、一般国民にその実感があるかというと・・どうでしょうか