神降り立つ地 小馬も駆ける春を夢見て – 宮崎県

天孫降臨、天照大神(アマテラスオオミカミ)の命によって天下った瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)一行が降り立ったとされる 高千穂峰、昭和9年に日本初の国立公園となった霧島連山の第二峰であり 宮崎の誇る秀麗な出で立ちの火山です。
.
高千穂峰から見渡すように広がる日向国・宮崎県、古来 日本の神話上、後の皇統に続く天孫の地とされ、ここで瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)から火折尊(ホオリノミコト)鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)の日向三代と呼ばれる神の血統が育まれ、後の彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)=神武天皇 の出生につながりました。
.
正に神聖の礎となる峰であり その国ですが、麓に広がる宮崎平野の一角に佇む国の特別史跡「西都原古墳群」にも新たな春が訪れようとしています。

.
「西都原古墳群」(さいとばるこふんぐん)宮崎県のほぼ中央に位置し(西都市)、58ヘクタールを超える大地地勢に約300基余りの古墳を擁する国内でも最大級の古墳群です。
.
その歴史は およそ4世紀から7世紀、古墳時代になされたものとされ約1700年の時を超え 霧島連山と同じく昭和9年に “国の史跡” に指定、昭和41年 文化庁による “風土記の丘” 第一号にも指定されました。
.
広大な敷地に点在する古墳は 前方後円墳、方墳、円墳 と多種に渡っており、南九州地方で特徴的な地下式横穴墓も多く見られ 古墳マニアに限らず古代歴史のファンにも興味の尽きない内容となっていますね。
.
第一~第三群に分かれて集落する古墳群に加えて、特徴的な形態の “鬼の窟古墳” ”坂元ノ横穴墓群” など見どころの多い「西都原古墳群」ですが、やはり最大の関心事は群西方に位置する「男狭穂塚(おさほづか)」そして「女狭穂塚(めさほづか)」でしょう。
.
瓊瓊杵尊 の御陵とされる「男狭穂塚」は国内でも最大級の帆立貝形前方後円墳、その妻、花々の女神 木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)の陵墓「女狭穂塚(めさほづか)」は、くびれた部位に造出を持つ珍しい形状の前方後円墳、夫婦仲睦まじさを物語るかのように並んで他の古墳群を見渡しています。

.
ロマン溢れる歴史風土記の地ですが、ここは同時に訪れる人々に悠久の風と慈しみの安らぎをもたらしてくれる公園地でもあります。
.
春には約8ヘクタールの畑地一面に菜の花が咲き乱れ、そしてまもなく桜の前線にも見舞われます。約2000本といわれる桜の道は この国に春の訪れを告げるために有るのかと思えるほど華やかで初々しくまた時の安らぎを道でもありましょう。

 

.
さて、ここまで西都市の「西都原古墳群」についてご案内してきましたが、古墳群のある西都市から国富町を挟んだお隣 “綾町” に「綾馬事公苑(あや ばじこうえん)」という乗馬クラブがありますので、ここで併せてご紹介しておきたいと思います。
.
”馬事公苑” の名で思い出されるのは東京都世田谷にある古参の競馬・馬事普及のための施設が有名(2020年現在オリンピック関連で休苑中)であり、この「綾馬事公苑」もそれに習った名を冠していますが、宮崎県において その名に恥じない歴史と運営の充実ぶりを持っています。
.
生粋の ”乗馬クラブ” であるとともにビジター(訪問客)に対するサービスも豊かで、親子連れで来られた方にも、中学生以下のお子さん向けに「ジュニアコース」としてポニー馬による乗馬レッスン、大人向けにサラブレッドを使った「ビギナーコース」などを展開。
.
その習熟度により「チャレンジコース」 「初心者コース」「経験者コース 」と分けるなど、自然の中で人と馬の触れ合いをとおして心豊かな時間を過ごせるよう細やかに対処しています。
.
この「綾馬事公苑」にも 約1300本の桜が咲き誇るそうで苑内の花々とともに、春の日の のどかな一日をゆったりと過ごすにはうってつけの場所と言えるでしょう。
.
また、ここのイベントのひとつに「ポニー競馬」という何ともファニーな企画があるそう(一応、2020年4月5日(日)に開催予定・変更の可能性あり)で、人の背丈にも満たないような小柄な馬たちによる可愛らしい競争が見られるかも知れません。
.
以前、ご紹介した「卯月の空に砂塵舞う ばんえい競馬」 巨躯と圧倒的なパワーを競うばんえい競馬の対局にあるかのような愛らしい小馬のポニー競馬、ある意味 大人の方でも一見の価値があるのではないでしょうか。

.
誠に残念ながら 当節の新型コロナウイルス問題に関連して感染拡大抑制のため「綾馬事公苑」も3月15日まで臨時休館の処置がとられています(綾町HP3月9日確認)
.
その収束がまだ見えず、現時点 非常に大事な過渡期であると言われている現在、気軽に旅行はおろか 仕事や買い出しさえも何かと不便の多い現状ですが、いかなる艱難にも終わりの時は訪れるはずです。
.
その頃には既に桜も散り花々も移り変わっているかも知れませんが、その時こそ今回の苦しみを越えた先にある本当の春の到来です。
.
その日の事を夢見て今は静かに・・太古、1700年前の聖地に想いを馳せて・・

 

.
「特別史跡公園 西都原古墳群 – みやざき公園協会」 公式サイト

「綾馬事公苑」 綾町ホームページ

〈 町関連施設の開館・閉館情報 〉 綾町ホームページ

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください