当面のリリースに関して・・コロナウイルス関連

いつもイナバナ.コム ご訪問頂き有難うございます。

ご承知のように現在新型コロナウイルス拡散抑止に関連して、各地のイベント中止が相次いでおります。

イナバナ.コムとしましても参加を予定されていた方々に残念な思いをさせてしまう、また感染のリスクを高めることにつながりかねないリリースを減らすべきと考え、次回 3月5日掲載予定の「春迎える吉備国の雛祭 そして輿入れ道中 – 岡山県」を区切りに、以降 当面の間 イベント紹介の記事を減らす、もしくはイベントの由来や時代背景、伝承のご紹介に重点を置き、ご参加を促す要素を割愛するなどの処置をとらせて頂き・・

その間「民話」「フォークロア」「昭和」「神社・仏閣」などのカテゴリー記事を充てることでリリースを維持する方向で進めさせて頂こうと考えております。

イベント紹介記事を楽しみにされておられた方には申し訳ございませんが、暫定的な対処として ご了承頂きますよう お願い申し上げます。

・ 重複にはなりますが、宜しければ下記「新型コロナウイルス関連問題に寄せて」の記事も併せて お目通し頂き今回の対処をご理解頂ければ幸いです。

 

2月26日にリリースしました「新型コロナウイルス関連問題に寄せて」の時点から感染者内の死亡率が0.5パーセントから1パーセント余りに上がっています。

単純に考えれば1000人あたり10人の死亡率と、インフルエンザ致死率の約10倍と余談の許さない状況ではありますが、これは明確に確認された感染者数に対しての割合でもあります。

混乱を招きかねないためか あまり言及されませんが、無症状のまま症期を終えた人、季節性の風邪と思いながら症状の治まってしまった人など 無自覚・未確認の感染者も相当数あろうことも予想され、また同時にここ半月程の期間中に風邪由来、インフルエンザ由来の病変(肺炎など)で亡くなられた方のケースでは、時節上 新型コロナ感染でなかったか検査・確認されていて然るべきですが、このことについても巷説に登っていません。

つまり、現時点、新型コロナウイルスの死亡率は 健常な人に関してはそこまで高くないと思われるものの、当初 想定されていた致死率より高いとも低いとも言えない状況なのです。

いまだ その正確な実態のわからないウイルスの振る舞いなどから 社会的な先行きが見通し難く、心配をつのらせておられる方も少なくないと思いますが、「明けぬ夜は無し」の言葉のごとく必ず収束の時は訪れます。

どうか、マスクや手洗いなどの基本対策をとられながらも、無為な流言飛語に惑わされず、先ずは心身の安定と基本的体力の維持に務められてこの難局を越えられますよう・・

皆様 ご自愛下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください