謎解きの先に浮かび上がる大和国郡山城 – 奈良県

青丹よし 古の都 奈良市の南西に位置する大和郡山市は、古来より平城京の外郭を補する地として由緒を紡いできましたが、戦国期にあって藤原氏の菩提寺、法相宗興福寺の宗徒から立った 筒井氏(筒井順慶 つついじゅんけい)が郡山城を置いてから後は、城下町として発展を遂げて後に続く奈良随一の町への基礎を築きました。

順慶は同じ大和の国で覇権を振るう松永久秀らと敵対し、一時は存亡の危機に陥ったものの、後、織田信長や豊臣秀吉に臣従し久秀亡き後の大和の国平定を果たしました。

秀吉の命により国替えとなり、以降は家名を永らえることが出来なかったため、その命脈は尽きましたが、順慶が大和郡山に遺した大和郡山城という城と 清水湛える町の遺産は、後に この地に入郷した秀吉の実弟 豊臣秀長によって引き継がれたのです。

 

江戸期、初代郡山藩主となった柳沢吉里がこの地に持ち込んだ「金魚」によって現在に至るまで、国内屈指の金魚生産地として知られることになった大和郡山ですが、豊臣秀長が「大和郡山城」に入城した頃は、町々は整備されているものの大阪や京からすると、未だ不明の文化漂う風土であったと言われています。

往古に都であった地、そして寺社神領ひしめく土地柄は、文化が進み実質的な国家運営を担う都市とは かなり異なった文化の風に満ちていたそう・・。

寺社とは言え神仏に仕えてるばかりではなく、筒井順慶の出自がそうであり、時の石山本願寺や根来寺宗徒がまたそうであったように、侮りがたい武力さえ有していることも少なく有りません。

入城後、天下を治める豊臣家の城として相応しき姿とするために「大和郡山城」の大規模改修に着手した秀長でしたが、この大和の地は建材として用いる良質な石材に恵まれていなかったため、城作りにも苦心したといわれています・・。

 

『はたして、秀長は郡山城を天下へ轟く名城にすることができるのか? 郡山城に隠された物語が、いま幕を開ける!』

城下町を散策しながら参加者自身が物語の主人公となり、設定された “謎” を解きながらストーリーを進めてゆく、体験型イベント『歴史リアル謎解きゲーム「謎の城」in 郡山城 天下人秀吉の右腕 -大和大納言 豊臣秀長-』が、現在、奈良県大和郡山城下にて開催中です。

“リアル謎解きゲーム” は参加者が オリエンテーリングのように、予め設定されたフィールドを自在に歩き周り、課される設問 “謎” を解き進めながら “物語” 全体の謎解きとゴールを目指す “行動型ゲーム” であり、インドア感の強かったゲームのイメージを覆す開放的かつ知的なレクリエーションイベントです。

実際に行動・体験することで得られる造詣や参加者同士のコミュニケーションなど、インドアでは成し得ない達成感に溢れ、様々なテーマをもとに企画されたイベントが国内はもとより世界中で人気を集めているそうです。

ゲームの難易度なども設定されており、本記事でご案内した『「謎の城」in 郡山城 天下人秀吉の右腕 -大和大納言 豊臣秀長-』は、難易度 6段階の[4]ボリューム 同じく6段階の[3]となっており、少しばかり歴史に興味をお持ちの方に丁度良い感じと言えるのではないでしょうか。

大和郡山市と株式会社マッシュのコラボレーションから生まれたこのイベントですが、他にも各地の歴史的な土地で様々な “歴史謎解き” が企画・進行されています。

※ 各地 開催中のイベントはこちらから

また、同期間中、大和郡山城周辺にて『第60回大和郡山「お城まつり」』が開催されており、8月21日22日にはファイナルイベント「郡山夏の陣」なども開催予定とのこと。
現在、コロナ対策で三密回避の対策を施して運用中、歴史の舞台を彷徨い歴史の謎に直に触れてゆく中で得られる感動は、コロナ禍で鬱積しがちな気分も吹き飛ばしてくれるかもしれませんね。

 

神仏の聖地、一土豪によって造られた小さな城は、雁陣と呼ばれる未来を目指して進むが如き姿に築かれ、その後、幾多の城主と数百の時を数えながら歴史にその威容を刻んだものの、明治到来の直前に大火の向こうへと消えてしまいます。

現在 遺るものは新規に復元されたものでしかありませんが、石垣や堀をはじめ 永慶寺に移設された城門など往時の名残りを留めるものも少なくありません。

増して現地の風に身を委ねながら 歴史の謎解きに挑んでみれば、束の間のタイムトリップ、大和郡山城の朧の姿も浮かび上がるのではないでしょうか・・。

 

『歴史リアル謎解きゲーム「謎の城」in 郡山城 天下人秀吉の右腕 -大和大納言 豊臣秀長-』 公式サイト

日  程 : 2021年3月24日(水)~8月22日(日)

開催時間 : 09:00~14:00

参加方法 : 事前申し込み チケット購入

場  所 : 奈良県大和郡山市 郡山城跡および城下町一帯

駐 車 場 : 380台 大和郡山市立三の丸駐車場(有料)

問い合わせ : 上記 公式サイトよりご確認ください

 

※ ご承知のとおり 現在 コロナウイルス感染症問題に関連して、各地の行楽地・アミューズメント施設などでは その対策を実施中です。 それらの場所へお出かけの際は事前の体調管理・マスクや消毒対策の準備を整えられた上、各施設の対策にご協力の程お願い致します。 また これらの諸問題から施設の休館やイベントの中止なども予想されますので、お出掛け直前のご確認をお勧め致します。

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、参加によるトラブル等の責務を負いません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください