不要の切れ端は未来につながり夢につながった – 三重県

© おやつカンパニー 様

あらら 何故かまた製菓会社の記事ですね・・(笑

日本が高度経済成長に湧いていた昭和の中頃、活発な世の動きに連動するかのように、子供たちと縁の深い菓子業界も日毎に新しい商品を発表、活況を呈していましたが、その中に一見サブカルチャーな趣きのお菓子がありました。

小さな窓から覗くのは、当時 既に一般化していた “即席ラーメン” に似た風貌、しかし鍋で茹でるわけでもなく・・

名は「ベビーラーメン」※ 松田産業(当時)が開発・販売していた 味付けされた乾麺をそのまま食べるスタイルの菓子、ユニークな見た目と裏腹に その味と食感は瞬く間に子供たちのハートをとらえ、以来60年に渡って現在に続く超ロングセラーのヒット商品となりました。 ※ 昭和34年発売、48年に「ベビースターラーメン」に名称変更

この「ベビースターラーメン」を起爆剤として家庭の茶の間から学校給食の現場にまで隆盛を奮った松田産業は平成5年「おやつカンパニー」に社名変更、三重県を代表する菓子メーカーとして一昨年には創業70周年をも迎えています。

 

中華鶏ガラ風味の「ベビースターラーメン」もその後[ソース味][うま塩味][明太子味]と種類を増やし、ご当地グルメやヒットアニメとのコラボレーションなど そのバリエーションを増やしてきました。

ご存知の方も多いと思いますが、この「ベビースターラーメン」元々お菓子として作られたものではありません。

まだ即席ラーメン(インスタントラーメン)が世に出ていなかった時代、その先駆けとして松田産業が開発した「味付中華めん」が、その端緒となっています。

昭和30年「味付中華めん」を発売したものの、時代を先取りし過ぎたためか売れ行きが芳しくなく頭を抱えていた時、製造途上で出た味付乾麺の切れ端をおやつとして従業員に出したところ これが思いの外に好評、さらに口づてにこの美味しさが近所に伝わり わざわざ この切れ端を求める声さえ上がったことから、それならいっその事と商品化、販売に踏み切り、上記のごとく空前の大ヒット商品となったのでした。

会社の屋台骨を確立した松田産業はその後、インスタントラーメンの輸出販売やカップラーメンの開発にも成功、ミニサイズのカップラーメンは「ベビースターミニカップラーメン」を経て「ブタメン」となり、平成時代の子供たちにも愛されるスナックフードとなりました。

© おやつカンパニー 様

そもそも 最初に売り出した「味付中華めん」は、インスタントラーメン第一号として名高い「チキンラーメン」(サンシー殖産 / 後の日清食品)より3年も早く販売に踏み切っていたのですが、業績的には振るわず製造特許も確立されていなかったため時代の波に埋もれる形となってしまいました。

しかし、その結果に腐ることなく ふとしたきっかけを活かし、それを磨き上げたことが新たな “ヌードルスナック” の分野を切り開き、業界に確固たる地位を築き上げる原動力となったのです。

「たっぷりたのしい”おやつ”と”夢”の創造」そして「柔軟な発想でつくるおやつ文化。」をホームページ上で謳う「おやつカンパニー」
危機を好機に変えて躍進を遂げたメーカーならではの夢多き言葉ですが、元々 小腹を満たすためだった “おやつ” を、単なる商品ではなく未来につなげる文化と捉え展開してゆく姿勢は、近年 また新たなトピックをも生み出しています。

 

令和元年7月 三重県久居工場敷地に隣接して「ベビースターラーメン」を主題にしたテーマパーク『おやつタウン』が開園されました。

平成28年から「ベビースターラーメン」の新たな顔となった「ホシオくん」やブタメンキャラをパーソナリティに日本最大級のアスレチックランド「超ドデカイアスレチック」や 自分好みのオリジナル・ベビースターラーメンが作れる「ホシオくんキッチン」、ベビースターラーメンを使った料理を味わうレストラン「ベビースターダイニング」など多彩なアトラクション・サービスを提供し、子供はもとより大人たちも楽しめる “おやつの楽園” を実現しています。

そして、本年 令和2年10月には “大阪なんばパークス” に都市型テーマパーク「リトルおやつタウン Namba」を開園予定だそうです。

これらは、お菓子の文化と可能性を標榜する同社ポリシーに準ずるものですが、この『おやつタウン』実現には 創業家 松田好旦(よしあき)氏の地元への感謝と子供たちへの夢を託した結果だとも言えるでしょう。

© おやつタウン 様

販売不振で苦境に立たされていた会社、偶然に見つけた一粒の種を大事に育て好転につなげる。
時代は変わり世情も複雑化した現代ですが、そこに生きている私たち人間に変わりはありません。 どのような時にも苦しく悩む時間は訪れますが、その中に一筋の光明を見つけた時、弛まず諦めずそれを大事に育ててゆく・・ そんな姿勢こそが大事なのでしょうか。

 

『 おやつカンパニー 』 公式サイト

『 おやつタウン 』 公式サイト

場  所 : 〒514-1254 三重県津市森町1945-11

アクセス : こちらから

料  金 : 大人(13歳~)700円 小人(4歳~12歳)450円 幼児(0~3歳)無料

問い合わせ : TEL 0570-082-114 受付時間:10:00〜18:00

 

※ ご承知のとおり 現在 コロナウイルス感染症問題に関連して、各地の行楽地・アミューズメント施設などでは その対策を実施中です。 それらの場所へお出かけの際は事前の体調管理・マスクや消毒対策の準備を整えられた上、各施設の対策にご協力の程お願い致します。 また これらの諸問題から施設の休館やイベントの中止なども予想されますので、お出掛け直前のご確認をお勧め申し上げます。

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください