廃線トレッキング-青空を探して鉄路を歩む − 鳥取県

* イベントご紹介の記事ですが6月後半以降の催行内容となっています。状況をご考察の上ご参加下さい。
.
「廃線」 言うまでもなく 運行を打ち切った鉄道路線、そして線路のことですね。
具体的な次の利用計画が立たないかぎり多くの場合 打ち捨てられたその線路は錆びつき、枕木を覆い隠すように雑草が生い茂っています。
.
“廃する” ことは “朽ちる” ことに通じ、人はそこに物悲しさを覚えます。
もしかすると “老い” や “過ぎ去りし日” を想起させるからかもしれません。

.
しかし、人の感情とは面白いもので、時として物悲しさを覚えると同時に そこに “懐かしさ” や “親しみ” さえをも見出すこともしばしば、こと鉄道廃線に至っては「廃線マニア」の方も少なくないようで、つくづく人の心の妙を思う次第です。
.
かく言う私も(鉄道・廃線マニアではありませんが)昔よく通っていた奈良県五條市に長年 放置されていた五新線の廃線が、国道の拡張工事に伴って撤去され 風景から完全にその姿を消してしまった時は言い知れぬ寂しさを感じたものでした。
.
かくして廃線に惹かれる人は “放棄” された情景を求めて あちらこちらを旅したりするのですが、既に役目を終えた場所とはいえ そこは何処かしらの管理区域、やたら勝手に立ち入って良いものではありません。出かけられる方はご注意の程を・・

.
廃線好きの方でなくとも、普段歩くことの出来ない場所を歩いてみるというのは何か新しい視点や景観にめぐり会えそうでワクワクしますね。
.
そんな経験を求める人々の期待に寄り添うイベントが 鳥取県で開かれているトレッキングツアー「旧国鉄倉吉線廃線跡ウォーキングオープンデー2020」です。

在りし日の旧国鉄倉吉線

.
先に「旧国鉄倉吉線」について Wikipedia の内容から引用させて頂きますと、「かつて鳥取県倉吉市の倉吉駅から東伯郡関金町(現・倉吉市関金町)の山守駅までを結んでいた 日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線」であり、その開業は明治45年(1912年6月1日)といいますから正に明治時代終焉の際であったようですね。(明治~大正の改元は1912年7月30日 )
.
路線距離 約20km 全区間単線、非電化というミニマムかつ古風な形態で、車両の表定速度が時速20km(区間によっては時速15km)と「日本一の鈍足列車」の異名をとりましたが、それが却って電車好きの人々から愛着を持たれてもいたようです。
.
普通列車(いわゆる鈍行列車)のみの運行で、客車と貨物車を併せて連結運行する混合列車も用い、地域の足として70年余に渡って走り続けてきましたが、地域の過疎化やマイカーの普及などによって 利用客の減少には抗し難く、昭和60年(1985年)4月1日にその営業を終了しました。

.
ツアーでは、開湯1300年 といわれる名湯「関金温泉(せきがね)」がある関金町市庁舎から出発して廃線跡を辿り各駅跡などをまわりながら約4.6kmの距離を歩きます。
.
関金駅跡 をスタート地点としてのどかな田園地帯を眺めながら歩き、松河原地区で休憩、その後、叢に埋もれかけた 泰久寺駅跡、竹林と通り、(現在は閉鎖されている)山守トンネル前まで歩を進めたところで折り返し、泰久寺駅跡まで帰って来たところでゴール、解散となるようです。
.
※「ゴール地点(泰久寺駅跡)からスタート地点(関金庁舎)まではお客様自身での移動となります。 公共交通機関ご利用の場合は泰久寺12:23発→関金庁舎前12:27着 の日本交通路線バスが便利です。(バスのダイヤは変更となる可能性があります)」公式サイトより
.
行程 約4.6kmですから所要時間はゆっくり歩いても およそ2時間程度といったところでしょうか。 混合列車も走っていたといわれる軌道にかつての面影を思い浮かべながら、今は草に覆われた鉄路、戸に閉ざされたトンネルに侘び寂びを辿るのも一興かもしれませんね。

©一般社団法人 倉吉観光MICE協会 様

.
御存知のとおり、現在は新型コロナウイルス拡散防止の観点から、4月12日(日)・5月3日(日)については催行を中止の処置がなされており5月24日の催行も不透明な状況です。
.
しかし、その後も ツアーは、6月21日・9月20日・10月18日・11月15日と予定されていますので、参加できるチャンスはまだまだあるのではないでしょうか。(4月12日現在)
.
コロナウイルス問題でいまだ感染者数が増加し続けている現在、経済的な問題や仕事・家庭の問題も含め何かと閉塞感に気分もふさぎがちですが、疫禍の終わり、そして開放された季節は必ずやってきます。 明けの到来を信じて その日が訪れたならば こういうイベントに皆で笑顔で参加したいものですね。

.
「旧国鉄倉吉線廃線跡ウォーキングオープンデー2020」 公式サイト
.
日  程 : 2020年 5月24日・6月21日・9月20日・10月18日・11月15日
. (全て日曜に開催)
.
時  間 : 9:00~9:50 受付/10:00スタート ※所要時間 約2時間
.
場  所 : 鳥取県倉吉市関金町大鳥居193-1
. 倉吉市役所関金庁舎駐車場スタート
.
料  金 : お一人様1,000円
. ※参加費は当日受付にて徴収致します
. ※参加記念品、傷害保険料を含みます
. ※小学生未満は無料、ただし参加記念品は提供致しません
.
問い合わせ : 一般社団法人 倉吉観光MICE協会 TEL:0858-24-5371

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。 現在、新型コロナウイルス感染抑止の関係でイベントの中止や変更が相次いでおります。ご注意の程お願い致します。 当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください