ワカサギ釣り体験 氷原の享楽と至福の味わい - 福島県

※ 誠に残念ながら暖冬の影響により小野川湖での釣りが禁止の報が出されています。

また、イベント関連記事につき2月26日掲載の「コロナウイルス関連問題に寄せて」及び3月2日掲載の「当面のリリースに関して・・コロナウイルス関連」もご一読頂けますと幸いです。
.

12月も半ばとなって いよいよ本格的な冬の到来となりました。
基本インドアで寒がりな私などには中々に辛い季節ですがw、少々寒いくらいの方が体も気持ちも引き締まって気持ちいいと元気な方も多いのでしょうか。
.
ともあれ冬はその寒さゆえ どうしても戸外でのイベントが限られてきてしまいますが、冬季の風物詩としてこの季節になると、テレビなどでもよく紹介されるものにワカサギ釣りがありますね。
.
凍った湖の氷面に直径15cm程の穴を開け氷面下のワカサギを釣り上げてゆくアレです。
.
東北地方以北にお住まい方なら 経験されたことのある方も多いかも知れませんが、中部以南だと中々 実際に目にすることも少ないのではないでしょうか。

.
福島県の象徴、磐梯山のふもと桧原湖(ひばらこ)と小野川湖を舞台に 初めての方でも気軽にワカサギ釣りを体験出来るイベントが、檜原(ひばら)漁業協同組合 の主催で開かれています。
.
ワカサギ、キュウリウオ科の魚だそうです。キュウリウオなどという語感からも伝わるように、あまり大きくなくヒョロっとした体つきをしていますね。
“ワカ” 若い “サギ” 小魚の呼び名から、何となく弱々しいイメージが思われますが湖だけでなく川から海、淡水、塩水、環境的に厳しい水域にまで柔軟に対応できる強い魚なのだそうです。
.
ワカサギ釣りの良いところは初心者でも比較的 かんたんに釣り上げることができるところで、釣り経験のない人でもそれなりに釣果を楽しめるのだそうです。

.
さて、比較的かんたん と書きましたが、釣りをするには釣り道具やエサが必要、普段、釣りをしない人が遊びの為だけに道具一式用意するのは気が引けるものですが、ワカサギ釣りの区域では業者さんが一式レンタルもしてくれるようです。
.
また、当然、寒い環境での行動となりますので、スキーウェアのような防寒・防滴の服やシューズ、手袋、そしてタオルは必携です。
また、エサを付ける時などのためにゴム手袋を何枚か用意しておくと役に立つのだとか。

.
ワカサギ釣りのコツは “タナ取り” だそうです。”タナ” とは、魚は水中でまんべんなく泳いでいるのではなく、一定の深さの層に群れていることが多いそうで、竿(さお)やリールをゆっくりと上下に調整しながら、群れのいる層を探し当てることが より大きな釣果につながるのだそうです。

.
さぁ、ワカサギが釣れたら いよいよお待ちかね、ワカサギ料理の始まりです。
ワカサギ釣りの醍醐味は その料理の美味しさに負うところも大きいでしょう。
何と言ってもテッパンは天ぷら、釣ったばかりのワカサギは身も柔らかくサクっとジューシー、内臓も出さなくて構わないそうなので料理自体も楽ですね。
他にも南蛮漬けや煮物でも美味しくいただけるようです。
.
釣り、道具、料理、やってみようかな、レンタルできるのかな、お気に召された方は事前に下記の檜原漁業協同組合に問い合わせされてみてはいかがでしょう。

.
真っ白な氷原の上で楽しむワカサギ釣りとその料理、寒さ厳しい折りとはいえ、冬ならではのプレジャーフィッシング、ちょっと他では中々味わえない ひと冬の “乙な” 体験になるかも知れませんね。

 

.
「 ワカサギ釣り体験 (北塩原村) 」 ふくしまの旅

檜原漁業協同組合 Facebook ページ

場  所 : 福島県耶麻郡北塩原村 桧原湖・小野川湖

お問い合わせ : 檜原漁業協同組合 TEL . 0241-32-3468

*3月3日 更新

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください