島唄とフラメンコ 異郷の心がひとつになるとき - 鹿児島県

画像 / ©「島唄とフラメンコ」実行委員会 様

.
「島唄 / しまうた」と聞いて何を思い出されるでしょうか。
もしかすると 1992年にヒットしたロックバンド”THE BOOM” の琉球民謡をベースとした歌「島唄」を思い起される方も少なくないかも知れません。
.
しかし、島唄とは元々 鹿児島県 奄美群島発祥の謡を主として形成された民謡であり、沖縄民謡のそれとは文化的な影響を交わしつつも別のものとされています。
古来から続く奄美の文化と民の想いに根ざした独自の歌謡だったのですね。

.
さて 一方・・と言うか、一見あまりにもかけ離れたように思えるスペインの民衆文化「フラメンコ」
正確にはスペイン南部、アンダルシア地方に伝わる芸能(舞踊、歌、演奏)だそうです。ギターやカスタネットの演奏に合わせて繰り広げられる 情熱的な歌と踊りは日本でもよく知られています。

.
地理的に見るとその距離 約 1万1千km 、国土的にも文化的にも何の関わりも無いように思えるこの二つの伝統芸能のコラボレーションイベントが、12月15日(日) 鹿児島市呉服町の屋上庭園 ソラニワ で開催されます。
.
「島唄とフラメンコ」実行委員会 さんのプレスリリースを見ると次のような序文が冒頭を飾っています。
.
ー 苦しみの中から生まれ、悲しみや憤り、そして生きる喜びを音にのせる。 ー
ー 時にうたい、時に踊り、生活の中に脈々と受け継がれてきた2つの伝統芸能に思いを馳せて ー
.
奄美や琉球のような島嶼の”国” は歴史的に より大きな国々の支配や圧政を受けてきた事が多く、島の民の生活はその独自性を守りながらも 数々の異国文化の強制的な移入を目の当たりにしながら苦渋を耐え忍んだ時期も少なく有りませんでした。
.
一方、ジブラルタル海峡を挟んでモロッコを望む スペイン アンダルシア地方も、元々はタルテッソスという名の独自の文化圏でしたが、その要衝としての立地からか、古代よりローマやゴート王国などの支配を受け13世紀にスペインの属州となるまで多くの圧政や異国文化に翻弄されてきた歴史を持ちます。
.
苦難の歴史を歩みながらも、否、苦難の中だからこそ感じる生きることの喜び、守り伝えるべき伝統とアイデンティティーが生まれたのかも知れません。

 

画像 / ©「島唄とフラメンコ」実行委員会 様

.
~通底する2つの文化~ このキーワードから始まったこの不思議で魅力的なコラボレーションは今年で2回目、島唄・唄者 永 志保さん、フラメンコ・舞踊手 德田 志帆さんを軸に、ギタリストにギタリスト ルシアノ・ゴーンさん、松岡 竜大さんを迎え、今年も華麗に繰り広げられます。
.
陰と陽、苦しみと喜び、相対する2つの思いから沸き起こる生きるためのドラマティックな表現のひととき、それは、見る者だけに与えられる貴重で至福の時間となるかも知れませんね。

 

.
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
.
『島唄とフラメンコ 』 Facebook
.
鹿児島県 奄美大島発祥の民謡「島唄」とスペイン アンダルシア地方発祥の音楽芸術「フラメンコ」。昨年に引き続き第2弾となる今回はステージと客席が一体になれるスペース、マルヤガーデンズ7F「ソラニワ」にて開催。
ワークショップ(小学生向け)、島唄とフラメンコのコラボレーションステージの2部制で、スペインや奄美大島の風土を感じられるフード、ドリンク、さつま町「飾り竹灯籠」の幻想的な灯りも同時にお楽しみ頂けます。より気軽に、より身近に、遠く離れた文化圏から生まれた2つの伝統芸能が重なり合う瞬間を感じる一夜をお過ごしください。
.
★知る/体験する:小学生向けワークショップ
2つの伝統芸能について知り、実際に島唄/フラメンコやギターの音を通して旋律やリズムを体感してもらいます。ワークショップの仕上げは第二部のステージで実際に舞台に立っての実演!
.
★観る/感じる:公演
今回は島唄唄者、フラメンコ舞踊手にフラメンコギタリストを迎えてのスペシャルステージ!プロのアーティストによるコラボレーションをお楽しみください。
.
【開催概要】
日時:2019年12月15日(日) ※雨天決行
第一部 小学生向けワークショップ 16:30~17:15(45分)
第二部 開場 16:30~、公演 18:00~19:00(60分)、~20:00 終了
会場:マルヤガーデンズ 7階 屋上庭園 ソラニワ(鹿児島市呉服町6-5)
.
入場料:
☆ワークショップ参加者 *要事前予約
小学生限定15名 親子一組 2,500円(公演観覧+2名分の1ドリンク、1フード券付)
.
☆イベント参加者
大人 2,000円、学生 1,000円(いずれも公演観覧+1ドリンク、1フード券付)
*中学生以下入場無料 *当日+500円
.
出演アーティスト:
島唄 唄者 永志保(ながいしほ)
フラメンコ 舞踊手 德田志帆(とくだしほ)
フラメンコ ギタリスト ルシアノ・ゴーン、松岡竜大(まつおかりゅうた)
.
チケットプレイガイド:
◆販売場所
マルヤガーデンズ1Fインフォメーション (販売時間10時~20時)
.
◆メールでのお申込
bamos.artmanagement2018@gmail.com
お名前/チケット種別・枚数/ご連絡先を明記の上、上記メールアドレス宛にお送りください
※ イベントページへの「参加する」ボタンだけでは、お申し込みとなりませんのでご注意ください
.
【お問い合わせ】
「島唄とフラメンコ」実行委員会
bamos.artmanagement2018@gmail.com
080-4087-5691 (徳田明奈)
.
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
主催:「島唄とフラメンコ」実行委員会
共催:マルヤガーデンズ
照明協力:鹿児島県さつま町
令和元年度文化芸術創造活動支援事業(鹿児島県)

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください