陽だまりに伏せるまなざし 写真展「世界ネコ歩き」 – 沖縄県


.
南国、リゾートのメッカ、往古に連なる王朝の名残り、そして米軍基地と多彩な側面をもつ沖縄。 歴史に翻弄され過酷な時を幾度も乗り越えながらも、南洋特有の明るい島気質で今日にその文化を伝えています。
.
沖縄には猫が多いと聞きます。
降り注ぐ陽光とまったり流れる時間の中、市街地、田舎にかかわらず路上で、塀の上で、時には商店の棚にまでも周りの人間を気にする事なく悠々自適に過ごしているようです。
.
ご存知のように猫は自由な生き物、気まぐれかつマイペースな性分は他者との関係性を重視する犬とは対照的ともいえるのですが、その独尊ともいえる生き方にかえって魅了される猫好きの人たちには沖縄は天国のような所かも知れませんね。

.
その猫好きの方々にはよく知られたTV番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」
NHK BSプレミアムで放映中のこの番組で活躍中の写真家 岩合光昭 氏が世界中で撮りためた猫の写真展が浦添市美術館で開催されます。


.
動物写真家とも言われる 岩合光昭(いわごうみつあき)氏は ヨーロッパはもとよりアジア、アフリカ、アメリカ等 世界各地で様々な動物の活動やその姿を追ってきましたが、人の生活に近く生きている動物に思い入れが強いようで、訪れた各地で その地の風景に溶け混んで息づく猫の佇まいを数多く残してきました。
.
今回の写真展では氏が各地で出会った猫たちの写真を中心に、番組未公開の作品を加え約180点が展示されます。 また、9月7日(土)にはご本人によるサイン会も開催予定。
.
氏の作品は単に可愛らしい姿を撮り集めるのではなく、あくまで人間の生活の傍らで人と関わり合いながら、しかし自尊を貫きながら生きている猫たちの自然な日常の一瞬を切り取ったものが特徴で、そこには氏の動物に対する深い造詣が伺えます。

.
沖縄の地に猫が多く それが何の違和感もなく日常の風景として定着しているのは、南国ならではの時の流れ方とともに、人との関わり合いがごく自然に成立しているからなのでしょうか。

 

過去のアート関連記事一覧

 

.
写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」

場  所  浦添市美術館 公式サイト
.      〒901-2103 沖縄県浦添市仲間1丁目9番2号

日  程  9月6日(金)~10月27日(日)
.      ※月曜日休館(ただし9月16日、同23日、10月14日、同22日は開館)

時  間  午前9時半~午後5時(金曜日は同7時まで)
.      ※最終入館は閉館の30分前

料  金  入場料 一般前売り 650円(当日 800円)、小・中・高校生前売り 300円(当日 400円)未就学児無料(保護者同伴)※ サイン会等特別入場券は 800円

アクセス   [ 車 ] 沖縄自動車道西原ICから約6分 駐車場 600台 無料
.      [ 電車 ] 沖縄都市モノレール古島駅からバスで約10分 大平下車徒歩5分

問い合わせ  浦添市美術館 TEL:(098)879-3219 FAX:(098)878-1221

企  画  写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」 株式会社クレヴィス

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください