サーバー移転のお知らせ+

いつも イナバナ.コム をご贔屓いただき有難うございます。 m(__)m
.
この度 イナバナ.コムはサイトの安定性と安全性、並びに表示環境の改善を目的としまして、使用サーバーの移転を行うことと致しましたのでご案内申し上げます。
.
そのため、この移転作業に伴い明日27日から数日間の間に、(一時的ですが)閲覧に支障が出る、404エラーが出て表示されない、問い合わせやコメントが機能しないなどの不具合が出る可能性がございます。 また、3月1日(月)の更新が滞る可能性もございます。
.
極力 そのような事態を避けるべく努力致しますが、万が一そのような不具合が出た場合、時間をおいて再度アクセスをなさって頂けますようお願い申し上げます。
.
使用ドメインは そのまま inabana.com 検索キーワードは イナバナ.コム であることに変わりはありません。
.
ご訪問いただく皆様にはご不便をお掛けするかもしれませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
.
イナバナ.コム ROCKZOU

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

前回、前々回と三重県の民話をお送りしましたので、恥ずかしながら イナバナ.コム開始5ヶ月目の三重県の民話を再掲載させていただき、今週は三重県尽くしとして締めさせていただきます。
.
『 ダンダラボッチと大わらじ 』
.

さても今は昔
志摩の国の沖合いにある大王島というところに 身の丈30尺(9m)にもなる大男が住んでいたそうな

この大男、海で漁をする者を襲っては船を沈めてしまったり、又、夜陰に紛れて海を渡り波切の浜に上がるとその村々を練り歩き漁で得た魚を食い荒らしたり家屋を壊したり、酷いときには子供や娘をさらっていってしまう事もしばしば・・

村ではこの大男の事をダンダラボッチと呼びみな恐れておった

日々、気をつけておっても度々現れてはこの様な悪さばかりされるので、ほとほと困った村人たちはある日、村の守り神である韋夜(いや)の神様に「何とぞ、あのダンダラボッチを鎮めて下され」と祈祷を捧げた・・・

* * * * *

ある夜、いつもの如くさざめく海を渡り波切の浜に上がり越したダンダラボッチ、ふと見ると浜に身の丈を越えようかと思うほどの大きなワラジが置いてあり傍に娘が立っておる

「それは何じゃ?」
自分を見て怖がらぬ娘を不思議に思いながらもダンダラボッチは問うた

「これは今宵帰ってくる千人力の村主様が履くものじゃ」
と娘は答えた

(このような大きなワラジを履くとはとんでもない巨人じゃ!・・)
ダンダラボッチは少し怖くなった

少し行くと今度は竹で編んだ長持ちほどもある籠が置いてある

「そ、それは何じゃ?」
傍にいる若者に先と同じように問うた

「これは今宵帰ってくる千人力の村主様の弁当箱じゃ」
と若者は答えた

(このような大きな弁当箱で飯を喰うとは本当に千人力の化け物ではないか!)
ダンダラボッチはもっと怖くなった

こんな所に居ては危ないと端の浜に向かうと今度は漁の網よりおおきな布が干してある

「そ、そ、それは何じゃ?」
傍で番をしている老人に恐る々々尋ねると

「これは今宵帰ってくる千人力の村主様のふんどしじゃ」
と老人は答えた

(このような大きなものを身につける化け物に見つかった日にはどんな目にあわされるかわからん!)

すっかり青ざめたダンダラボッチは一目散に自分の島へ逃げ帰りそれ以来、村をおびやかす事は無くなったそうな


この珍事、村人が祀り祈祷した韋夜(いや)の神様が化身してダンダラボッチを懲らしめたのだという話しが人々に知れ渡り、
以来、巨人の如き村の神が座ます事を知らしめ祀るために大きなワラジを作って大王島へと流す「波切のわらじ曳き」として今に残っているそうな・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください