庭先で?富士の裾野で?はじめようレッツなわとび – 静岡県

恥ずかしながら あまり運動は得意な方ではありません・・(汗
どちらかと言うと子供の頃からインドアな方で、身体を動かすよりも家の中であれこれ工作だのお絵描きだの、物をいじり倒す方が性に合っていました。

結果、当たり前のことですが そういったホビー方面の器量や知識は育ちましたが、スポーツ方面へのセンスや能力に乏しいだけでなく、この歳ともなるとなおさら日頃の運動不足が祟って筋力の低下や老化肥満を招いてしまい、挙げ句、この4月の末のような事態を引き起こすこととなってしまいました。「ギックリ腰のお知らせ」

今更ながらですが、人間、得意不得意はともかく ある程度身体は常に動かすように心がけておかなければと思う次第です・・(^^;

 

ウォーキング や ジョギング など日常的に始められる運動は様々にあれど、最も簡単で場所も選ばず手軽に出来る運動はやはり「ラジオ体操」でしょうか・・ あの体操には身体の中で重要な部位を余さず屈伸出来る動きが組み込まれているそうで、これを日に1~2度 毎日繰り返すだけでも健康維持に非常に効果的なのだそうです。

只、ここに ”持久力” や “反射神経の向上” を求めて、尚且 手軽なものと考えると有力な候補に上がるのが「縄跳び」ですね。 道具も縄一本、場所も少なくて済みます。 英語で ”Skipping Rope” や ”Jump Rope” と訳されるように、回し跳んだ回数がはっきりしていてレベルや目標が立てやすいこと、綾跳び や 二重跳び など楽しみながら能力の向上を図れることなどが「継続」への力となります。

 

そう、スポーツに限ったことではありませんが、何事も「継続」することが重要!
どんな魅力的な計画やスタイリッシュな趣味であっても「継続」出来なければ いずれ意味を失ってしまいます。 これは逆に言えば「継続すること」が最も難しい要素であるかをも物語っているのでしょう。

とは申せ、何事も最初は始める「きっかけ」も必要でしょう。

 

と、言うことで本日の話題・・
『親子なわとび教室 レッツなわとび <vol.2 縄跳ばない技で遊ぼう>』

静岡県、富士の裾野「富士山こどもの国」の “街エリア こどもホール” で、幼稚園から中学生と その保護者を対象に、縄跳びを楽しく始められるステップイベントが開催されます。

縄跳びなんて何処でも始められるし わざわざイベントまで行かなくてもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、このイベントでは世界ギネス記録をもつチーム「E-Jump Fuji」のスタッフ参加で、安全・安心・丁寧な指導の元、基本から高等な技までを段階を踏んで楽しく体験出来るそうです。

計4回開催の内、第1回目 vol.1「縄で遊ぼう」は終了していますが、第2回目以降、以下のプログラムで順次開催される予定です。

・ 2020年10月24日(土) 10:00~12:00 vol.2「縄跳ばない技で遊ぼう」

・ 2020年11月21日(土) 午前と午後有 vol.3「クロスの技シリーズ」

・ 2020年12月12日(土) 午前と午後有 vol.4「学校で自慢できる技特集」

参加費:無料、申込締切日:開催日の前日迄の事前申し込みですが、定員がありますので、下記、参考リンクよりお問い合わせ下さい。

「縄跳び」は主に小学校の体育の授業などで取り入れられますが、中学校以降はあまり行われることが少なく、特に意識してスポーツのウォームアップなどに取り入れておられる方以外、縄跳びなど子供の頃以来だと言う方も少なくないのではないでしょうか。

大きな筋力や高度なバランス感覚を必要としないながらも、総体的な柔軟性や筋力、リズム感を必要とする「縄跳び」 最初は簡単な「平跳び / 一回跳び」から始めて身体の調子を測り、器量と体調に合わせながら徐々に「片足跳び」や「駆け足跳び」にレベルアップ出来れば、達成感・満足度にも満たされます。

今回のような企画などから お子さんと始められたならば、一緒に続けられるメリットもありますね。(場合によってはレベル的にお子さんに置き去りにされる恐れがありますが・・笑)

唯一、注意点は申すまでもなく高速で回転する”縄”、当たると痛いのでプレイの際は周囲の状況にご配慮の上楽しまれて下さい。

 

© 富士山こどもの国 / 小泉アフリカ・ライオン・サファリ株式会社 様

 

さて、本日ご紹介しました「親子なわとび教室」の主催地『 富士山こどもの国 』は、静岡県 富士市、富士山を眼前に東京ドーム20個分の広大な敷地を持つ 有料管理公園です。

自然に満ちた公園内には上記縄跳びイベントが開かれる「街」と名付けられたエリア(センター、レストラン、展望、ホテルなど)を中心に、「草原の国」(キャンプやパオ、牧場、大草原、溶岩状遊び場など)、「水の国」(池・小川、水上集落、湿性の散歩道、カヌー体験など)、とことん自然に親しみながら家族で過ごせる絶好のアミューズメントパークとなっています。

ここから3km の地点には “こどもの国” と同じく “小泉アフリカ・ライオン・サファリ株式会社” が運営する日本最大級のサファリパーク『 富士サファリパーク 』もあり、“こどもの国” と含めると2泊3泊の楽しみ方になってしまう程のバカンスとなりますね。

コロナ関連で三密回避が言われる中、9月4連休のニュースような込み具合は避けたいところですが、これからが秋の行楽シーズン、有給などを活用、出先の集客情報などもご確認の上お出掛けください。

 

『親子なわとび教室 レッツなわとび』 富士山こどもの国 当該ページ
『 富士山こどもの国 』 公式サイト

場  所 : 〒417-0803 静岡県富士市桑崎1015

開園時間: 10~3月 9:00~16:00

休 園 日 : 毎週火曜日
.    ※但し、5~10月・冬休み・年末年始・春休み・ゴールデンウィーク・祝日は無休

料  金 : 小学生未満:無料 小学生:200円 中学生:410円 大人:830円

問い合わせ : TEL:0545-22-5555 FAX:0545-22-5551

※ ご承知のとおり 現在 コロナウイルス感染症問題に関連して、各地の行楽地・アミューズメント施設などでは その対策を実施中です。 また一部地域からの来場を制限している場合もあります。 各施設の対策にご理解・ご協力の程お願い致します。 また これらの諸問題から施設の休館やイベントの中止なども予想されますので、お出掛け直前のご確認をお勧め申し上げます。
お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください