沖縄県 常夏の島で開かれる お化け屋敷「のっぺらぼう」


暑い季節の到来とともにやってくるのが怪談イベント、時代が変わり高度なテクノロジーが行き渡った現代にあっても いまだ幽霊やお化け、超常現象などの話題は人々の関心を惹きつけてやまないようで、人の心のどこかにあるダークネスな部分や未解明なものへの恐怖心を興味深く刺激し続けているのでしょうね。

沖縄県那覇市で日本初となる「のっぺらぼう」に特化したお化け屋敷が開かれます。


「のっぺらぼう」と言えば体躯は人と変わらぬものの その顔に目口鼻が無い古典的なお化けですね。基本的に人を襲ったりはしないようですが、よく見るのはいわゆる「こんな顔かい?」と逃げ惑う人を連鎖的に驚かせるお話で知られていますね。

お化け屋敷「のっぺらぼう」のポスターを見ると、正直「のっぺらぼう」というより「卵?」といった感じで怖さというよりコミカルな印象さえ受けます。

しかし、これはあくまでイメージとしての表現のようで、本会における「のっぺらぼう」では近年流行の3Dマッピングなどのハイテク技術を用いず、あえて最高峰のアナログ技術でもある特殊メイクを駆使し、目の前に実在する「生の恐怖」を実現することに注力しているようで、制作には『マツコロイド』や『進撃の巨人』の製作で知られる Amazing JIRO さんが 監修されています。
変な表現で恐縮ですが3Dマッピングが「ウワッ!」な感じだとしたら特殊メイクの方は「ギャーァ!」な感じの恐怖ですかね・・w

公式PVではちょっとジョークな雰囲気ですが、公式ポスターのストーリーからも結構ディープなイメージが漂ってきます。「小学生は保護者同伴・未就学児は入場不可」となっていますが、やはり大人のオカルティックイベントと見るべきなのかも知れませんね。

日本の夏のダークな涼感、オカルト好きなあなた、恋人どうしでぜひ!

因みに、私はまだ小学生低学年の頃、当時 夏の興行でやっていた怪奇映画を見た影響でまさに「のっぺらぼう」の夢をみてうなされた経験がありますので行きませんw

 

お化け屋敷「のっぺらぼう」 公式ホームページ

お化け屋敷「のっぺらぼう」 公式 Twitter

日 時:2018年7月14日(土) ~ 9月30日(日)
平日:13時~22時
土日祝および8月13日(月)~16日(木):12時~22時

場 所:ガーブ川中央商店街水上店舗2F  沖縄県那覇市牧志3-3-1

料 金:一般:1000円  小学生:500円

問い合わせ:のっぺらぼう実行委員会   098-943-9996

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください