茨城県 武神に奉る古武道の真髄 鹿島神宮


写真:日本武道館 様

6月11日(日)茨城県 鹿島神宮において古武道演舞の
奉納が執り行われます。


武神として名高く相撲の祖としても知られる武甕槌大神
(タケミカヅチノオオカミ)を奉る鹿島神宮では例年6月の
第2日曜日を「武道の日」しており、この日、日本古来の
武道に関する様々な奉納会を行っておられるそうです。
午前10時から厳格勇壮な古武道の演舞大会、午後1時から
は古式に則った弓術、小笠原流百々手式を披露、そして
同3時からは小堀遠州流による献茶式が開かれます。


写真:鹿島神宮 様

午前中には呈茶も有り、境内に訪れた人に抹茶がふるま
われるようです。古来より連綿と続く武道の真髄にふれ
る良い機会です。

場所: 茨城県鹿嶋市宮中2306-1 鹿島神宮

鹿島神宮:公式HP 行事予定


お願い:イベント等ご紹介記事の詳細については各開催先へお問い合わせ下さい。
当サイトは開催内容に関する変更や中止、トラブルの責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA