神奈川県 民話 – 市兵衛仙人と忠蔵蛇

首都 東京とのアクセスも良く商工業・交易の発展とそれにともなう人工の増加で近代日本の大番頭的な役割をも担ってきた神奈川県。 古歴においては源頼朝による鎌倉幕府の設立、戦国大名の先駆けとなった北条早雲による相模国平定とその

新潟県 民話 – 越の国に生きるその後の桃太郎

「桃太郎」伝説といえば「浦島太郎」や「かぐや姫」と並んで、語り継がれる昔話・童話の代表格と言っても差し支えないお話しであることは多くの人々の認めるところでしょう。 その発祥については 彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみ
,

大分県 火の粉舞う奇祭 ケベス祭り

. 近年、神社仏閣の参拝をされる方が増え ちょっとしたブームとなっている状況ですが(実は私もその中のひとりなのですが・・汗) そのような状況の中でフォークロア全般に対しても興味を呼び覚まされる人も多いようで、各地の祭りな
,

福井県 冠と漆器 ヲホドノオウジ伝承

福井県の鯖江市、昨年5月の記事「眼鏡の聖地、鯖江のめがねフェス」でもご紹介しましたようにメガネフレームの品質、そして生産量が日本一でご存知のかたも多いでしょう。 しかし、同じ鯖江市の特産品として漆器の生産が盛んな事はそれ

山口県 民話 – 導かれし蒼き湧水 別府弁天池

かつては長門国(ながとのくに)とも呼ばれた地にあり、今は山口県中央部の地、美祢市(みねし)、国内最大規模の鍾乳洞窟「秋芳洞」又、カルスト台地「秋吉台」の人気は高く観光客も絶えることがありません。その秋吉の地に住んでいたひ
,

岩手県 アテルイ 郷土の英雄伝説

現代ではあまり使われなくなった北方の地域や民を指す言葉に「蝦夷・えぞ」という言葉があります。北海道を主とする地域とそこに住まう人々を指した呼称が一般的でしたが、時代が戻り平安の世には「蝦夷・えみし」と呼ばれ 北関東・東北