愛媛県 あの音をおぼえていますか? 南楽園ー全国風りんまつり


暑い日が続きますが如何お過ごしでしょうか
温暖化のせいか単なる一過性の気候変動なのか、今年は酷暑の度合いが高いようで連日熱中症への注意を促すニュースが絶えません。仕事で外に出られる方も室温の高い屋内で過ごされる方も適度な水分補給と環境温度の管理に充分ご注意下さい。

 


「日本の夏‥」と言えば昔流行ったCMのうたい文句(コピー)ですが、最近の日本の夏に見る機会が少なくなったものがいくつかありますね。このCMの商品でもあった渦巻き型の「蚊取り線香」も屋外使用などを除いて見る事が少なくなりました。「蚊帳」などは昭和の40年代頃まではよく使われ、私なども夜その中で遊んでいたものですがエアコンの普及した現代では使用する家庭も殆ど見受けられません。(しかし、キャンプ用以外、家庭用のものも販売はされているようで、今でも愛用されておられるご家庭もあるのかも知れませんね)

 

そして、もうひとつ、かつて夏の風物詩として定番とも言えたものが「風鈴」でしょう。
日中、また気温が中々下がらない夜にでも涼やかな音を奏でてくれる「風鈴」
薄いガラス製のもの、陶器製のもの、金属製のものなどそれぞれに美しい音色で暑さにうだってしまう私達に一服の涼感を届けてくれます。愛好家の方もおられるようで様々なかたち、材質、音質の風鈴を多数コレクションされています。

しかし、その「風鈴」も昨今では住宅事情のせいか軒先にその姿を見る機会も減ったように思えます。そもそも、エアコンで空調され窓も閉め切られた状態では「風鈴」の活躍する術がありませんね。 温暖化を増しつつある現代では仕方のないことなのでしょうが、快適な生活環境と引き換えにかつてあった生活のための知恵や風流を味わう気持ちを失いつつあることは一抹の寂しさを感じられずにはいられません。

 

 


愛媛県 宇和島市の「日本庭園 南楽園」で「全国 風りんまつり」が催されています。
日本全国から集められた様々な「風鈴」その数は何と約3,000点にも及ぶそうで、会場内では多種多様な「風鈴」の展示即売会もあるそうです。
また、「世界の風りん展」と題しインドや中国などの「風鈴」も展示、コレクター、愛好家の方にも見逃せない内容となっています。

 

 

期間中は日傘やうちわ の無料貸し出し、休憩所での冷したおしぼりの提供、「里の家」での足冷水や水遊びの設置など園あげての「涼」のおもてなしを実施中です。

「日本庭園 南楽園」は「日本の都市公園100選」に選ばれたこともある、総面積153,322平方メートルを誇る四国最大級の日本庭園です。「山、里、町、海」を模った景観豊かな公園で、今は失われつつある`日本の風情’を思い出してみるのも良いかも知れません。

 

 

「第26回 南楽園 全国風りんまつり」 当該ページ
平成30年6月16日(土)~8月26日(日)

場 所:日本庭園 南楽園(なんらくえん)  愛媛県宇和島市津島町近家甲1813

南楽園(南レク):ホームページ
Tel:0895-32-3344  Fax:0895-32-4700

入園料:大人 310円  小人(小・中・高校生)150円
他、詳しくはホームページから

 

 

お願い:運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください