青森県 花咲き競う東北の手づくり村


女性のたおやかな風情をたたえる 芍薬の花 そして 昇藤(のぼりふじ)とも言われ美しさと力強さを合わせ持つルピナス、青森県十和田市の「手づくり村 鯉艸郷(りそうきょう)」で共に満開の季節を迎えています。

十和田市内から車で10数分の山手に開かれた「手づくり村 鯉艸郷」は昭和63年に菖蒲園として開園されました。自然を間近に感じながら休息と花を愛でる時間を過ごせる施設して人気を博し、年を追うごとにルピナスや芍薬そして山野草などの園を広げ、青森県屈指のフラワーガーデンとして訪れる人々の目と心を癒やしています。

「鯉艸郷」の名は、園内の池で飼われている`鯉’、自然の草花`艸(くさ)’それらをもって自然と人間が触れ合い慈しみあう理想の`郷(さと)’から付けられたそうで、花々が開き咲き乱れる6月これからの季節はまさに可憐な自然のユートピアと言えるでしょう。


花々を愛でるだけでなく、園内では食事処も用意されています。近年ではリッチなハウスリフォームなどでも何かと話題になる古民家、その古民家をそのまま利用した食事処「鯉艸亭」は茅葺きの大きな民家造りで昭和初期の歴史的にも価値の高いものです。内部の造作も昔ながらのまさに日本人の心の故郷を思い起こさせる造りそのままで 昔話しの世界を思い出してしまうでしょう。
メニューも軽くジュース類から山菜うどん、なべっこだんご、わっぱとりめし定食まで多彩な上、地元の食材、料理技法をふんだんに盛り込んだ味わい深い品々が結構リーズナブルな値段で並んでいます。面白いのは宴会や会議などに利用の場合、予約が取れれば「板葺き」の居間で「囲炉裏」を囲んで会が開けることでしょうか。

上でもお伝えしたように6月の上旬頃から順次、芍薬園、ルピナス園、花菖蒲、ポピーと色とりどりの花が所狭しと園内を埋め尽くしてゆきます。花も見頃、だんごも食べ頃、東北の自然に囲まれながら心安らかな日本の風情を満喫するのにうってつけのフラワーパークのご紹介でした。

 

「手づくり村 鯉艸郷」   公式H P

場  所   青森県十和田市大字深持字鳥ヶ森2-10
入 園 料    大人(高校生以上)600円、小・中学生250円、未就学児無料
駐 車 場    200台
お問合せ   TEL 0176-27-2516

 

お願い:施設の運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については各開催先へお問い合わせ下さい。
当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください