千葉県 里山の風香るトロッコ列車


トロッコ列車と言えば客車車両の屋根や上半分を開放型にした観光列車として人気の鉄道で京都嵐山の嵯峨野観光鉄道などが有名ですが、日本国内だけでも既に30路線を数えるほどになっており、多くの自治体で観光の要として注目を集めています。

千葉県市原市に本社を置く「小湊鉄道」によって運行される`小湊鉄道線’、首都圏の近くにありながらも電化されていない単線の路線で、駅舎、車両、その他の施設などこの時代にあって今なお昭和の面影を良い意味で残し、ゆったりとしたノスタルジックなイメージにはファンも多い地域鉄道です。

この`小湊鉄道線’の中で上総牛久 – 養老渓谷間を走る列車が「里山トロッコ」の名で運行されている観光列車で2015年から運行が開始されました。

「里山トロッコ」の特徴はまず何と言ってもそのスタイルではないでしょうか。本物と見間違うばかりの蒸気機関車スタイル! しかし、黒光りするスチームアッパーの中の動力は最新式のディーゼルエンジン! そのモチーフは昔`小湊鉄道線’で実際に運行されていたドイツ、コッペル社製蒸気機関車だそうです。 トロッコ列車の多くがその起源を旧世代の鉱物運搬車に持っており、非電化路線である事を上手く利用したレトロなデザインで改装される事が多いですが、その中でも特に目を惹くナイスなデザインで 2017年度の「 グッドデザイン賞」をも受賞しています。



動力車に連なる客車はグラスルーフの屋根の普通車が2両、開放型の展望車が2両の計4両が交互に連結され自然豊かな田園地帯を全線4駅(通過駅有り)を約1時間かけて走ります。途中停車駅のホーム販売や沿線風景、そして切通(きりとおし)と呼ばれる山肌あらわな切削トンネルの景観などを楽しみながら下り終点「養老渓谷」の自然を堪能します。


上でも書きましたが「里山トロッコ」を含む`小湊鉄道線’は昭和時代の資産、景観が多く残されており、昨年5月にはその施設22ヶ所が国の登録有形文化財に指定されています。
電車、バスとも首都圏からのアクセスも良好で駐車場の空きさえ有れば車での往来も可能。
トロッコ列車の楽しみに、又、昭和の香りを求めての気ままな散策にとスローライフな一日を満喫するのもたまには良いのではないでしょうか。

「里山トロッコ」 公式ホームページ WEBからのお申込みもこちらから

「小湊鉄道」 里山トロッコ 関連ページ

Facebook 小湊鐵道株式会社 鐵道部

 

 

お願い : 施設の運営状況、イベント等ご紹介記事の詳細やご質問については
各開催先へお問い合わせ下さい。
当サイトは運営内容に関する変更や中止、トラブル等の責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください