– インフォメーション - ふるさと納税の返礼品がピンチ!?


自分の選んだ自治体に寄付として納税し、かわりにお礼としての特産品をもらう「ふるさと納税」制度。大きなムーブメントとして定着し、これを楽しみに毎年行われている方も多い状況ですが・・
そんな中、こと農作物の返礼品に限っては今年は少々状態が宜しくない様相です。


今年は真夏の気温こそ高かったものの季節的に気温上昇の始まりが遅くまた気温が下降する時期が早かったため暑い期間が短また相次ぐ天候不順や天候被害により農作物の実りに大きな影響が出ているようで、返礼品の発送時期になっても出荷出来る状態になっていなかったり、果実などにダメージが大きく期限内に出荷出来ない事態が相次いでいるようです。


結果的に発送/到着時期に大きな遅れが生じたり、またどうしても出荷の目処が立たず代替品と書状の発送によって納税者への理解を求めているケースもあるようで対応に苦慮している自治体も多いようです。

自然のものだけにどうしても天候に左右されやすい農作物、納税者の理解と受容が試されるところですが、近年は返礼品のゴージャスさがヒートアップし過ぎて地域間の格差が広がったり本末転倒な事態にならないよう総務省からも要請がなされるなど話題に事欠かないふるさと納税制度、元々税収の少ない地方自治体への救済的・互助的制度として始まったことからも鑑みて今一度制度の有り方と有意義な活用に納税者側からも理解を深める必要があるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA