広島県 ショーンに会える!広島県立美術館


日本でもNHKを主体に紹介され人気を博していた
クレイアニメ「ひつじのショーン」の展覧会が
広島県立美術館で開催されています。


「ひつじのショーン」はイギリスのストップモー
ション・アニメーターであるニック・パーク氏
原作のクレイアニメーションで2007年からイギ
リス本国と日本などで放映されてきました。

1話約7分前後と短い番組時間ながらひょうきんで
アイデアマンの羊のショーンをはじめ、小心者
なのに気の良い面も持ち合わせる羊たちの監視役
牧羊犬のビッツァーなどユニークなキャラクター
と軽妙かつ愉快なストーリーで子供から大人まで
世界中にそのファンは多い作品です。


クレイアニメーションとは主に粘土でキャラクター
などを作り、微妙に動かしながら1コマ1コマ撮影
を重ねそれをつなげる事で動画を作成してゆくと
いう極めて地道な作業で1つのスタッフグループで
1日をかけてわずか6秒間の動画が出来るそうです。


展覧会ではそんな製作に使われた大型セットや
未公開のスケッチ、製作風景のムービーなど子供
だけでなく大人も楽しめる内容となっています。

開催は今月27日まで、期間中は基本無休です。

広島県立美術館:アードマン・アニメーションズ設立40周年記念 ひつじのショーン展

 

お願い:イベント等ご紹介記事の詳細については各開催先へお問い合わせ下さい。
当サイトは開催内容に関する変更や中止、トラブルの責務を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA